Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSAVE THE TOMODACHIから

savethetomodachi
SAVE THE TOMODACHIhttp://savethetomodachi.com/

こちらのサイトで様々な支援活動を行っているグループ等が分かります。

このキャンペーンはこの度の東北地方太平洋沖地震からの復興、支援に思いを寄せ、実際に活動している個人や団体の情報を
まとめて閲覧することが出来るWEBサイトがほしいという発想からスタートしました。WEBサイトを通じて広島からできることを
知っていただくきっかけになれば幸いです。 SAVE THE TOMODACHI!!



活動のコンセプト
●復興の歴史のある街「広島」からの応援をしっかり伝える
●震災の支援・復興を応援したい人たちに、わかりやすく情報をまとめる
●震災の義援・支援の活動を積極的に伝えていく
●活動イベント、ウェブサイト、ユーストリーム配信にて蒸気を執り行う
●ポジティブなメッセージを、声で、音で、そして視覚的に伝える
●被災地の方々を励ます活動を、広島から伝えて行く
スポンサーサイト

D私!!『こんな支援が出来ます!!』

私、『こんな支援が出来ます!!』があれば、下記内容を加えてコメントにて教えて下さい。

・お名前
・連絡先(電話番号・アドレス)
・可能な支援内容

D安佐南地区 山本 幸美 

・安佐南地区 山本 幸美 

 yukimidaihuku.ppp@docomo.ne.jp

支援物資をお持ち頂ける方は事前にメールにてご連絡下さい。

D「加藤秀視 東日本大震災復興支援プロジェクト」

広島の皆さんと力を合わせて、東北関東に物資を送りませんか!
東京近辺では、物資の購入が困難だそうです。

現在、社会起業家の加藤秀視さんたちが、東北関東大震災の被災地に支援物資を届け、現地で活動しています。
栃木からは責任を持って現地に加藤さん達が届けます。

皆様ご協力をお願いします。
katou


至急必要なモノは、水、保存性のある食品、医療品です。

マスコミが、発信しているところには、物資が届きますが、それ以外の場所にいる人々の中には、4日間水も飲んでいない人がいるそうです。
社会起業家の加藤秀視さんとJAPAN元気塾などの有志達が
自衛隊や行政すら手の届いていない福島県のある地域の避難所(約100名)に、実際に赴き、支援活動をしています。

現地は想像を絶するほどの「食糧不足」「寒さ」「不安」等にみまわれているようです。

私達の思いとしては、皆さんと力を合わせて、何とか現地のお力になりたいと思っています。
今後の状況については、加藤さん達も正直読めないところがあり、ご協力要請も多々あるかと思いますが、ご理解頂ければ幸いです。
広島から物資や義援金を送り支援したいと思い、お力添えをいただければとメールを送らせていただいております。。加藤さんからの要望は
(1)物資の調達をして頂く 
常時配信紹介します。
(2)物資の郵送をして頂く 
※住所下記参照
(3)義援金を送って頂く
※下記リスト参照



なお物資は、個々に送付していただいても大丈夫ですが、
広島のディア・フォロンでまとめて、発送も可能ですのでご協力お願いします。

個々に送付する時は、一種類ごとにまとめて一箱に梱包し、箱の外から何が入っているかわかるようにしてください。
宜しくお願いします。

〒321-1274
栃木県日光市上沢1855-5
創栄グループ
電話:0288238123
株式会社創栄Group
http://itp.ne.jp/KN0908080900000007/

最新情報

http://www.facebook.com/katou.shushi.shinsaishien

義援金の振り込みは

栃木銀行 鬼怒川支店
Japan元気塾事務局 赤羽 恵
(普通)1003949

にお願いします。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Improve Our Fortune

LOVELY LOHAS
池本 良子
起業活力支援士
ikemoto


〒730-0022 広島市中区銀山町8-4
TEL:082-545-0821
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Dボランデポひろしま

mochimochi

災害復旧には多くのボランティアが現地に入り活動します。それらの多くは行政の管理下の元、一定の時間が経過した後、大きな避難場所で活動するのが殆どです。しかし現地は公的な避難場所にたどり着けず。数人数十人規模で身を寄せながら避難生活をおくる人々が無数にいます。そうしたところに支援の手は伸びません。そうした現実を過去の震災で学んだ人々が行政の隙間を埋める事が重要と考えました。

今回の震災でも、震災直後からNPO法人日本エコツーリズムセンター災害救済チームや㈱モンベルアウトドア義援隊が現地入りし活動されています.しかし、そうした活動は行政の管理下にない為、公的支援はありません。全て手弁当です。長期遠方での活動です。手弁当を作る資金や資材を届けねばなりません。ボランデポ広島は現地で活動するボランティアに資金物資面で支えるため、広島の市民グループが集い結成しました。

モットーは
・瞬発力
・実行力
・教育力

730-0012 広島市中区上八丁堀8-14 安芸リーガル ビル5F (ANT-Hiroshima内)

http://depot.dousetsu.com/

現地状況
http://depot.dousetsu.com/genti.html
Dカレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Dプロフィール

shienshitai

Author:shienshitai
支援している人。
受けたい人の情報交換としてお使い下さい。
また、連絡先などの紹介が困難な方はyokota@rafiki-club.comまでご連絡ください。

D最新記事
D最新コメント
D最新トラックバック
Dカテゴリ
D『持続的復興支援情報』
メルマガ登録・解除
過去の履歴
powered by 携帯メルマガ メルモ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。